Q 従業員から長時間労働が原因でうつ病になったとして労災申請がありました。このような労災申請があった場合,どのような点に注意すればよいでしょうか。

A 労災給付と会社に対する損害賠償請求は全く別のものです。労災申請に際しては,その後に従業員が会社に対し損害賠償を請求してくるリスクを考慮した対応が必要です。


労災申請における療養給付請求書等には,災害の原因及び発生状況について記載欄があります。
労災申請は,この災害の原因及び発生状況に記載されている事実に間違いがないことを会社が証明(記名・捺印)した上でなされることになります。
会社が証明した事実関係に基づき,労働基準監督署が労災認定の判断を行うことになります。労災認定がなされた場合には従業員に保険金が給付されることになりますが,これは,会社の民事上の責任の有無とは関係なく判断されるものです。
多くの場合,うつ病に罹患した従業員は,まず労災申請を行ってきます。このとき,労災認定されれば従業員が保険給付を得られることになり助かるだろう,会社が支払うわけではないから等の理由で安易に「長時間労働が原因でうつ病になった」との記載事実を証明し,記名捺印すると,後日,従業員が会社に対し損害賠償請求をしてきた場合,対応に苦慮することになります。
すなわち,労災認定がなされた後,従業員は,うつ病になったのは会社の安全配慮義務違反であるとして,会社に対して損害賠償請求をしてくるケースがあります。この場合,会社の落ち度が認められた場合には,今度は会社自身の負担で補償を行わなければなりません。ところが,労災申請の際に,うつ病の原因が会社にあったことを認めてしまうと,訴訟の場で会社に責任はないと主張することは矛盾する行為となり,訴訟対応が非常に難しくなってしまうのです。
そのため,労災申請があった場合は,従業員の主張を鵜呑みにせず,まず,就労時間の確認,就労内容の調査,同僚等からの聞き取り等により事実関係の調査・確認をすべきです。その上で,事実と異なる記載があればその旨をはっきりと記載すべきですし,証明できない事実についてはその旨を明記すべきです。
もっとも,いわゆる「労災隠し」は刑事責任にも発展しかねませんので,ありのままの事実を率直に労基署に伝えることが重要です。

(文責:弁護士 小林和人