Q 当社は毎月一定時間の残業が恒常的に発生していることから,残業代を固定額で支給することを検討していますが,このような固定残業代の支給にあたっては,どのような点に注意すべきですか。

A 固定残業代の定めをする場合は,就業規則(賃金規程)や雇用契約書・労働条件通知書において,月額給与のうちどの部分が固定残業代に相当するのかが明確に定められていることが必要です。

毎月恒常的に残業が発生する業態(飲食店等)において,一定時間数の残業代を予め月額給与に含めて支給するということが行われる場合があります。

固定残業代の支給方法は,大きく分けると,(1)基本給に一定時間分の残業代相当額を組み込んで支給する方法(基本給組込型)と,(2)「職務手当」等,ある特定の手当を固定残業代として支給する方法(手当型)があります。

(1)の基本給組込型においては,基本給のうち,通常の労働時間(所定労働時間)に対する給与部分と,固定残業代部分とがきちんと判別できるように定められていることが必要です。

(2)の手当型については,その手当が固定残業代に相当するものであることを,賃金規程等で明確にしておく必要があります。

これらの措置を講じておらず,(1)基本給と固定残業代部分とが判別できない場合や,(2)手当の趣旨が明確でなく固定残業代としての性質が認められなかった場合には,残業代の支給があったものとは認められないことになります。

この場合,残業代の基礎額の計算にあたり,支給済だと思っていた固定残業代も算入されてしまうほか,未払残業代も発生することになり,固定残業代の支給がむしろ有害なものになってしまいます。

このように,固定残業代を支給するにあたっては,賃金規程や雇用契約書等の定め方に注意する必要があります。

なお,固定残業代を支給していても,実際の残業時間が固定残業代分を超える場合は,超えた部分については別途残業代の支給が必要になります。

 

戻る