Q ある社員が最近ふさぎがちで、ミスも多くなっているのですが、まずはどのような対応をすればよいのでしょうか。

A 産業医面接や医師の診察を受けることを勧め、精神疾患との診断を受けた場合には休職制度の適用を検討することになります。

まず、ミスの内容とその原因を確認・調査する必要があります。ふさぎがちになっている、ミスが多くなっているといった事情は、うつ病等の精神疾患の可能性を伺わせるエピソードであり、慎重な対応が必要です。

そこで、まず、本人との面談を行い、可能な限り健康状態に関する情報収集に努めることになります(ただし、病歴や通院歴の開示を強制することはプライバシー侵害の問題を生じさせますのでご注意ください)。

その結果、精神疾患に罹患している可能性があると判断された場合は、専門医ないし産業医の診察を受けることを勧め、診断書の提出を求めてください。

診断書は、その後の対応を決めるに当たっての重要な資料となります。診断書がない状態で社員の処遇を決めることは、紛争の原因となりかねず、また、後日裁判等になった場合には、会社が恣意的な対応をしたと評価されかねません。

診断書において精神疾患との診断書が出された場合は、次に、休職制度の適用を検討することになります(休職制度の適用にあたっての問題点については、別途説明します)。

なお、本人が受診を拒否することもあります。このような場合に備えて、就業規則において、使用者に受診命令を出す権限があることを明記しておくと安心です。

就業規則に受診命令に関する規定がなく、かつ、本人が受診を拒否しまたは診断書を提出してこない場合は、結局、精神疾患であるか否か判別がつかないことになるため、別途異常を示すエピソードがない限り、通常の従業員と同様の取扱いをせざるを得ないと思われます。

    この場合、その後の紛争を予防するために、面談記録等に医師の診察を受けることや診断書の提出を求めたが拒否された旨を記載するとともに、ミスに対する注意・指導を行い、その旨を記録として残しておくことをお勧めします。

(文責:弁護士 小林和人

戻る