Q だらだらと仕事をして残業時間が長い社員がいるのですが、このような社員に残業代を支払わないことはできるのでしょうか。だらだら残業を防止するためにはどうすればよいのでしょうか。

A 残業中に会社のパソコンを使用して個人的なブログに書き込む、私用のメールを行う等の事情がない限り、残業代を支払う必要があります。

だらだら残業を防止するためには、まず、その社員とよく話し合い、残業の原因を把握し、就業時間内に仕事をおえられるように指導し、教育しなければなりません。就業時間内容に仕事を終えることができるマネジメント能力を社員に身につけてもらうことが重要です。指導・教育をしても改善しなければ、社員に原因と改善策をまとめた報告書を提出してもらうこともあります。

時間をかけて教育しても改善が見られなければ、始末書の提出、残業禁止命令、降格等を含めた対応を段階的に検討することになります。

以上の全ての手続において記録を保存しておくことは不可欠です。

また、残業の事前申告制や事後報告制を導入する、ノー残業デーを設定し全社的に実施するなど、会社として残業を抑制する姿勢を打ち出すことも有効です。

さらには、以上の措置を適法に取り得るように、就業規則を整備する必要があります。

だらだら残業防止の制度設計や運用、問題社員への対応については、当事務所にご相談ください。

(文責:弁護士 赤堀有吾

戻る